樂器辞典 樂器の名前
樂器ページ マップ



 西洋の音楽様式

 ハーモニクス

 復弦 と コース

 ヘルツ(周波数)


 ハンマーアクション

 ピストンバルブ

 ロータリーバルブ

 樂という文字

 琵琶と枇杷

 琵琶と琵琶湖

 伶人時元が物語

 エッセイ

私家版 樂器事典    樂器の種類 樂器と人物    樂団/バンド 樂器の歴史 国/地域/民族


音楽の「楽」について調べてみた。象形文字であるが象形となる対象が何通りかある。諸説あるけれども共通しているのは下記の3点。
  • 「楽」は「樂」を簡易的にしたものであり、日本国固有の文字である
  • 「幺」は「糸」のことである
  • 「木」はそのまま、山や草原に生えている木のことである
以上は共通する項目だけれども、「鈴説」「繭説」、それと「琴説」がある
    鈴(すず)である
    木はクヌギの木であって、クヌギにドングリの実が育っている。白はドングリをあらわしている。
    これから転じて「巫女鈴」のような楽器を想像していただきたい。糸は飾りの糸だ。舞楽のとき 糸飾りのついた鈴を振って 神を楽しませるのに使った。

    繭(まゆ)である
    やはり、木はクヌギだ。
    「糸」はクヌギの木についた山繭(やままゆ)の糸のことであり、山繭によって木が白っぽくなっている。絹糸が出来るので楽しみだ。の「樂」だとか。

    琴(こと)である
    木に糸を張ってある。糸とは弦のことだ。白は弦を調律する部分。具体的すぎるのがちょっとひっかかるが、これは楽器の琴(筝)だ。
樂という文字 ちなみに、クヌギは「椚」「橡」「栩」「椢」「椪」「椡」などの漢字があり、樂にさらに木へんをつけた「櫟」もクヌギ。
さらに ちなみに、古い時代の楽器(三味線やサウンガウ)の弦は絹糸を使っているものがあるので、繭 → 絹糸 → 絃(弦)というわけで「繭である説」も楽器と関連はしている。

巫女鈴 | 古琴 | サウン・ガウ
私家版 樂器事典 / 樂器図鑑