私家版楽器事典
楽器事典の目次



 楽器の各部名称
  ギター
  琵琶
  バイオリン

  クラリネット
  トランペット

  ドラムセット

楽器名一覧 楽器の歴史 世界の民族楽器

バイオリン
1. スクロール
2. 糸巻(ペグ)
.
3. E線(第1弦)
4. A線(第2弦)
5. D線(第3弦)
6. G線(第4弦)
7. ブリッジ
8. f字孔
9. テールピース
10. あごあて
11. エンドピン
バイオリンの各部名称
.
.
.
.
12. 指板
.
13. 表板
.
14.アジャスタ
.
15.
.
1. スクロール渦巻の部分。
2. 糸巻き弦を巻きとって音合わせをする。
3. E線(第1弦)一番細い弦。バイオリニストは「エーせん」と呼ぶ
4. A線(第2弦)バイオリニストは「アーせん」と呼ぶ。
5. D線(第3弦)バイオリニストは「デーせん」と呼ぶ。
6. G線(第4弦)一番太い弦。バイオリニストは「ゲーせん」と呼ぶがゲームセンターのことではない。
7. ブリッジ(駒)弦の振動をボディに伝える。楓(カエデ)で作られる。ちなみに将棋の駒も楓で作られているらしい。
8. f 字孔
  (えふじこう)
f でなくても音はでるのだけど、ブリッジを置く目安として切り込みが入っているので「」になってる。
9. テールピース4本の弦をまとめてある。
10. あご当てバイオリンをアゴで固定するためのパーツ。18世紀ごろから付けられるようになった。チンレスト。
11. エンド ピンテールピースの末端をひっかけて留めてある。
12. 指板固くて丈夫な黒檀が使われる。
13. 表板スプルース(松材)を削り出してある。内面にはバスバーと呼ばれる木の棒を貼りつけてある。トップ。
14. アジャスタ調弦の微調整ができるようになっている新兵器。チューニング・アジャスタ
15. 弓棹(棹)には南米産の希少な木材(フェルナンデコなど)を使っている。最近ではカーボンファイバー製も。弓毛は馬のシッポ。

いろんなバイオリン 私家版 楽器事典 / バイオリンの各部名称 バイオリンの各部名称