楽器一覧(体鳴楽器)
こきりこささら
こきりこささら/板ささら
単に「こきりこ」というと別の楽器になる。これは「筑子ささら(こきりこささら)」または「編木/拍板(びんささら)」。「棒ささら」と区別して呼ぶ呼び名として「板ささら」ともいう。
108枚の小さな板をヒモで結んで並べてある。ハンドルを持って、アーチ状にしておいて、手首のスナップでたわませると(しごくと)「ジョワ!」という音がする。

棒ささら
ラテン音楽のギロとかヘコヘコと同様の楽器。
ギザギザのついた棒を竹で擦る。竹は先端部分を割ってある。
そもそも「ささら(簓/筅)」というのは竹や木の棒の一端を細く裂いたり束ねたもの。楽器の「ささら」もそのあたりから名づけられたのだろう。
棒ささら

こきりこ
2本の竹を打ち鳴らす打楽器。
「こきりこの竹は7寸5分じゃ・・」と民謡にあるように、そのままメートル法にすると23cmの竹。漢字では「筑子」または「小切子」とも。
こきりこ 筑子

コキリコ
日本の「こきりこささら」を真似て作ったようだ。 ラテン音楽の楽器としてKOKIRIKO という商品名で販売されている。
KOKIRIKO という名を付けているのは「こきりこささら」と「こきりこ」の区別がついていないせいだろう。
ラテン楽器になったコキリコ

手に持って打ち付ける 木製のパーカション
カスタネット
クラベス
クロタラ
ロジキ
なるこ
パク
さんば
サンスア
サプカイア
ビブラスラップ
ウッド ブロック
よつだけ

私家版 楽器事典 / 楽器図鑑
gakki jiten