コトドリ(琴鳥)
タテゴトアザラシ

ガラガラヘビ

カネタタキ(鉦叩き)
スズムシ(鈴虫)
タイコウチ(太鼓打ち)
バイオリンムシ
マツムシ(松虫)

ギターフィッシュ
シャミセンガイ
シュモクザメ(撞木鮫)
スルメイカ(鯣烏賊)
ピパ ピパ
ホラガイ(法螺貝)

コトクラゲ
ツリガネクラゲ
ツリガネムシ(釣鐘虫)
ラッパウニ(喇叭雲丹)
ラッパムシ(喇叭虫)

チャルメル草
ツリガネソウ(釣鐘草)
ペンペン草
ラッパスイセン(喇叭水仙)
コトクラゲ Lyrocteris imperatoris
コトクラゲ(琴水母)
50m〜200m位の深い海底の石などにくっついて暮らすクラゲ。学名の imperatoris は皇帝の意味であり、海洋生物の研究者でもある昭和天皇に敬意を表し名付けられた。なんとも格式高きクラゲである。

人の手のひらぐらいの大きさで、色は様々。ひょろひょろとした細長い触手があり、これでプランクトンなんかを捕まえて食べる。
ただし、相模(さがみ)湾などのごく限られた場所でしか採集されておらず、まだまだその生態は不明な部分が多い。

和名のコトクラゲは、竪琴に似ているところからこの名が付いた。 というか、お菓子の「源氏パイ」のほうが形は近い。ゲンジパイクラゲのほうがピッタシで分かりやすいが、商標登録があるのでダメなんだろうな。

私家版 楽器と生物 混在事典