私家版楽器事典


楽器の名前一覧(気鳴楽器)
ウシブラウマブラ

ウシブラ(銅角)
ウシブラ (銅角)

ウマブラ(喇叺)
ウマブラ (喇叺)
ウシブラとウマブラは琉球王国時代の 路次楽(るじがく) で使われていた金管楽器。路次楽とは国王が城外に出られるパレードの時に演奏される楽曲。 また、首里城内ではセレモニーにも使われ、新年に首里城正殿で行われる「朝拝御規式」ではこのラッパが鳴らされるという。

もともとは中国の軍楽で使われていた 号筒(ハオトン) と 長号(チャンハオ) で、16世紀ごろ琉球に伝わったとされる。


私家版 楽器事典 / 楽器図鑑
gakki jiten