楽器一覧(弦鳴楽器)
ラド Rud
アゼルバイジャンのラド
ラドは、アゼルバイジャンに古くから伝わる弦楽器。
アゼルバイジャンのラド
16〜17世紀ごろ、アゼルバイジャンの宮殿で使われていたようだ。
現在のギターとよく似た形。弦楽器の胴体の表面には松材がよく使われるが、ラドも松類の板がはられている。特徴的なのは、表面にはさらに皮が張ってあること。 この皮は魚の皮だという。どんな魚なんだろカスピ海に棲む怪魚かもしれない。
5本の弦はガットまたは絹。
ラドの演奏

ゴプズ | チュニリ | チャガネ


コーカサス地方の楽器
コーカサス地方(Caucasus)



私家版 楽器事典 / 楽器図鑑
gakki jiten